米国公認会計士(CPA) 取得方法

アメリカにおいて公認されている公認会計士が米国公認会計士(USCPA)です。

この米国公認会計士は日本の公認会計士とはいくつか異なる点があります。

たとえば各州ごとに資格を取得することになっており、その州を離れて業務を行うことができないことになっています。

日本でこの資格が注目を集めるようになったのは比較的最近。

経済のグローバル化や外資の参入によってアメリカの会計基準が必要とされるケースが増えてきたことによります。

この資格を取得することでアメリカで活動するわけではなく、あくまで企業内で資格を活かすというケースがほとんどです。

日本の公認会計士は最難関と言われていますが、米国公認会計士はそれほど難関ではなく、幅広い知識が求められる傾向があるようです。

広く浅く勉強していくことで合格を目指すことができるでしょう。

では、米国公認会計士を取得するためにはどのようなポイントが重要になってくるのでしょうか。

まず言うまでもなく語学力。

英語で問題を読むことができるのが大前提となります。

それから試験はパソコンを使用して行われます。

そのためパソコンでの解答に慣れることも重要なポイントとなってくるでしょう。

なお、この資格はアメリカに赴いて受験することが大前提となっていますが、今後アメリカ国外での受験もできる可能性が高まっています。

とくに日本での実施が有力視されており、早ければ2011年にも開催が予定されています。

特殊な試験だけに独学での勉強は困難でしょう。

スクールを活用し、まず出題傾向や勉強方法から学んでいくことが求められるのではないでしょうか。