ファンコンって何?

ファンコンとはファンコントローラーの略称で、PCのファンを制御するためのパーツです。

その名のとおり「ファンをコントロールする装置」としてお考えください。

かつては自作や改造を行なうユーザーが多かったのですが、近年ではデザイン重視・付加機能重視・ドレスアップ重視の様々なファンコンが市場を賑わしています。

通常のファンコンは、ファン回転数をマニュアルで制御しますが、最近では温度センサーによる自動制御のファンコンも登場しています。

さらには、液晶画面によって回転数や温度の表示が可能な物や、HDDを内蔵している物、水冷システムの監視制御が可能な物など様々なタイプのファンコンが発売されています。

PCマニアと呼ばれる人々からはUSB・IEEE・SerialATAなどのインターフェースや、カードリーダーが搭載された物などが人気を博しています。

ファンコンを使用する一番の目的はPCの静音化にあります。

ファン回転数を制御することでファンから発じる音を抑える効果があります。

特に自作のPCについては音と熱の問題が生じやすいため、ファンコンは静音性の面で重要な役割を担います。

また、熱の放出を促す目的で、ケース内のエアーフローを改善する際にファンコンが有用な場合もあります。

この他、ファンコンの付加機能である、温度の監視やファンの異常監視、インターフェースの増設などを目的に導入を行なうユーザーも少なくありません。

特に温度の監視はPCの品質に関わる重要なポイントなので、自作PCのユーザーにとって大きなメリットになります。