コメドの原因とは?

角質に皮脂がつまり、肌の表面から出てこられなくなった状態をコメドと呼びます。

コメドは肌の下に皮脂が詰まっている状態ですが、肌の表面には小さなブツブツ、つまりニキビとして現れることから、コメドとニキビは同じ物として扱われる事も多いようです。

コメドができる原因にはいくつかありますが、生活習慣や間違ったスキンケアなどが原因で皮脂分泌が過剰になってしまうことが直接の原因です。

肌のターンオーバーは正常な状態で28日と言われていますが、ターンオーバーが正常に行なわれていない肌は28日をすぎても古い角質が肌の表面にずっと残ってしまいます。

そのため、古い角質に出口をふさがれて肌の表面に出てこられない皮脂や汗などが毛穴の中に詰まってコメドの原因となってしまうわけですね。

コメドを作らないような予防策としては、古い角質を取り除くケアを定期的に行なったり、また、ターンオーバーを促進する方法などがあります。

古い角質は毛穴をふさいでコメドの原因になるだけでなく、皮脂が空気に触れることで酸化して毛穴の黒ずみにもなりますし、まだ肌がゴワゴワしたような感じでメイクのノリも悪くなってしまいます。

角質ケアは毎日行なう必要はありませんが、週に一度か隔週ぐらいで行なうと良いみたいですよ。

肌のターンオーバーを促進する方法は基礎代謝をアップする事。

つまり、有酸素運動を行なったりリンパマッサージを行なったりして血行を良くすると肌のターンオーバーも正常な状態に近づいてくれます。